家族葬や直送を含む各種プラン

最近では葬儀のスタイルも大きく変わってきており、いろんなプランが登場するようになってきました。以前では通夜から葬儀までの儀式を必ず行い、また多くの参列者が見守る中、葬儀が行われていたものでした。しかし核家族化によって親しくした方が少ないケースも多くなっており、それに対応して新しいプランが続々と登場するようになってきました。従来の一般葬だけではなく、家族葬や一日葬も選択することができ、また火葬式と呼ばれる直送も選択できる葬儀社が多くなってきています。

葬儀を行う前の段階で、早めにプランを決め、費用を確認しておく必要があります。いつ葬儀を行うのかわからないものですが、万が一の時のために早めに行動をしておくことが大切です。まず実際に行う葬儀のプランについて理解を深めておくことが大切です。いろんなプランがある中、どれを選択するのか考えておかなければなりません。

葬儀のプランの中で最もオーソドックスなものが一般葬ですが、それ以外のプランとしてまず家族葬があります。これは一般葬に似ているのですが、違いとして参列者が限られているという点が異なっています。家族や親族だけ、またごく親しい友人だけを含めたこじんまりとした葬儀を行いたい方にピッタリな内容となっています。参列者が少ないために接待飲食費などの予算を抑えることができます。参列者が少ないと予想される人、また家族や親族だけで葬儀を行いたい人には適しています。また通夜をカットした一日葬、通夜や告別式の儀式をすべて省略した直送も選択できるようになっています。葬儀に対する考え方によっても、適したプランが異なっています。